SPCC(冷間圧延鋼板)

金属加工鉄鋼

SPCCとは、主に、曲げ加工やプレス加工、簡単な絞り加工を施すのに適した材質で、柔らかく、成形性・加工性に優れた特徴をもちます。

 

SPCCの特徴

SPCCは冷間圧延鋼板の中では一般的な用途で使われます。
ミガキ材、圧延材、コールドとも呼ばれています。
加工性が良く、プレス加工ではパンチや曲げの他、簡単な絞り加工(深絞りには不向き)まで幅広く使うことができます。
製造後のSPCCには油が塗られているのでキレイに見えますが、加工後にメッキや塗装処理をしないと確実に錆びてしまいます。

仕上げによって末尾に2種類の記号がつき、SPCC-SDは通常仕上げやダル仕上げと呼ばれます。SPCC-SBは鏡面仕上げ、ブライト仕上げと呼ばれます。

 

SPCCの用途

流通量が多く加工性が良いことから、工業製品から建築資材まで、様々な箇所に使用されています。

・自動車の外板
・家電製品の部品
・配電盤部品
・屋内装置の筐体 等

 

SPCCの化学成分

材料 成分規格
C Mn P S
SPCC 0.15以下 1.00以下 0.010以下 0.035以下

※JIS G 3141:2017より抜粋

SPCCの機械的性質

SPCC自体には引張強さ及び伸びの規格はありませんが、保証したものをSPCCTといいます。

ここではSPCCTの機械的性質を記載します。

板厚(mm) 0.20未満 0.20~0.24 0.25~0.29 0.30~0.39 0.40~0.59 0.60~0.99 1.0~1.59 1.6~2.49 2.5~
伸び(%) 23以上 25以上 28以上 31以上 34以上 36以上 37以上 38以上 39以上

引張強さ:270 N/mm2 以上

 

SPCCの見積り・加工

SPCCの加工は、弊社サービス「Kabuku Connect」で可能です。
図面をアップロードするだけで簡単にSPCCのお見積りが出来ます。
その他材質も対応しておりますので、ぜひ一度お試しください。
無料で即時見積
分からない事がありましたら、お気軽にお問い合せください。
 03-6380-2750
受付時間:平日10:00〜18:00
お問い合せ 資料請求

関連記事:


関連記事はありません。

-->