NAK55(プリハードン鋼)

鉄鋼

NAK55は、納入時硬さ37〜43HRCのプラスチック金型用鋼材です。

 

NAK55の特徴

被削性が極めて良好(S53Cとほぼ同等で、SCM440より遙かに優れている)、また優れた鏡面みがき性により光沢が得られます。

その他、シボ加工性、溶接性に優れています。

 

NAK55は大同特殊鋼の商品名です。

プラスチック金型・プレス金型用鋼における同等品は以下の対照表をご参照ください。(双葉電子工業調べ)

プラスチック金型用鋼ブランド対照表

使用時の硬さ

(HRC)

相当規格 双葉規格品 材料メーカー
日立金属 大同特殊鋼 日本高周波鋼業 山陽特殊製鋼
JIS AISI DIN
40 析出硬化系 P21 快削 HPM1

NAK55

HPM1 NAK55 KAP65 PCM40

 

プレス金型用鋼ブランド対照表

使用時の硬さ

(HRC)

相当規格 双葉規格品 材料メーカー
日立金属 大同特殊鋼 日本高周波鋼業 山陽特殊製鋼
JIS AISI DIN
40 析出硬化系 P21 快削 NAK55

HPM1

HPM1 NAK55 KAP65 PCM40

 

NAK55の機械的性質

機械的特性

採取方向 0.2%耐力

N/mm2

(kgf/mm2)

引張強さ

N/mm2

(kgf/mm2)

伸び

絞り

シャルビー衝撃値

J/cm2

(kgf・m/cm2)

L 981

(100)

1255

(128)

15 40 18

(1.8)

T 981

(100)

1275

(130)

14 38 12

(1.2)

引張試験片:JIS4号

衝撃試験片:2mmUノッチ

衝撃試験温度:293K(20℃)

 

熱膨張係数

熱膨張係数 × 10\(^{-6}\)/℃
20~100℃ 20~200℃ 20~300℃
11.3 12.5 13.4

 

熱伝導率

熱伝導率 W/(m・℃)

(cal/cm・sec・℃)

20℃ 100℃ 200℃ 300℃
38.9

(0.093)

39.3

(0.094)

41.9

(0.100)

42.7

(0.102)

 

縦弾性係数

縦弾性係数 N/mm2

(kgf/mm2)

20℃
 201,000

(20,500)

 

密度

密度 g/cm2
20℃
7.80

 

比熱

比熱 J/(kg・℃)
20℃
481

双葉電子工業㈱「プレート総合カタログ レッドブック」 より 抜粋

 

また、次のような窒化特性を有しています。

双葉電子工業㈱「プレート総合カタログ レッドブック」 より 抜粋

※機械的特性は、使用する機械、ビルド条件や測定条件によって異なることがあります。
 

NAK55の切削加工業者様・お取り扱い商社様必見!

図面の量が多く見積作成に時間がかかったり、熟練の経験者でないと見積りができずお困りではありませんか?
クラウド加工原価見積りサービス「Cost PRO(コストプロ)」なら、あらかじめ切削加工に必要な要素をパラメータとして設定し、図面をアップロードして加工内容を選択、指示することで、自動で加工工程の設計、使用工具の選定、段取りを含めた加工時間の計算を行い、加工原価を算出いただけます。

見積業務にかける時間が取れない方や、見積ノウハウを効率的に蓄積、引き継ぎしたい方へおすすめです。

 

関連記事:

-->