カブクコネクト

S55C

S55Cの特徴

JIS G4051で規定された鋼材で機械構造用炭素鋼のなかでも、高炭素鋼にあたる鋼材です。硬度が必要な局面で威力を発揮します。もっともその反面、靭性が低くなりがちです。焼入れ後の硬度は工具鋼に匹敵しますが、耐磨耗性が求められる場合に適しています。

化学成分

(%)

C

Si

Mn

P

S

0.52~0.58

0.15~0.35

0.60~0.90

0.030以下

0.035以下

Ni

Cr

Cu

Ni+Cr

 

0.20以下

0.20以下

0.30以下

0.35以下

 

 

S55Cの物理的性質

 

融点

[℃]

密度

[g/cm3]

ヤング率

(縦弾性係数)

[GPa]

剛性率

(横弾性係数)

[GPa]

ポアソン比

定圧比熱

[J/kg・K]

熱伝導率

[W/m・K]

1600

~1720

7.83

~7.84

202

~205

81~82

0.27

~0.29

0.494

~0.506

43~44

 

S55Cの機械的性質

 

項目

代表値

焼きならし

焼きなまし

焼入れ焼戻し

降伏点または耐力[N/mm2]

390以上

590以上

引張り強さ[N/mm2]

650以上

780以上

伸び[%]

15以上

14以上

絞り[%]

35以上

硬さ[HBW]

183~255

149~192

229~285