HPM1

鉄鋼

硬さ40HRCクラスの快削プリハードン鋼です。

 

HPM1の特徴

被削性が40HRCクラスとしては良好であり、切削仕上がり肌が良いため、プラスチック金型などにおける後工程のみがき作業に有利です。放電加工や溶接による表面硬化も少なく、仕上げ加工が容易です。窒化処理により表面硬さを700HV(60HRC)以上に効硬化させることができます。その他、溶接性にも優れています。

 

HPM7は、日立金属株式会社の商品名です。

プラスチック金型・プレス金型用鋼における同等品は以下の対照表をご参照ください。(双葉電子工業調べ)

 

プラスチック金型用鋼ブランド対照表

使用時の硬さ 相当規格 双葉規格品 材料メーカー
日立金属 大同特殊鋼 日本高周波鋼業 山陽特殊製鋼
40 JIS:析出硬化系AISI:P21

DIN:<快削>

HPM1

NAK55

HPM1 NAK55 KAP65 PCM40

 

プレス金型用鋼ブランド対照表

使用時の硬さ 相当規格 双葉規格品 材料メーカー
日立金属 大同特殊鋼 日本高周波鋼業 山陽特殊製鋼
40 JIS:析出硬化系AISI:P21

DIN:<快削>

HPM1

NAK55

HPM1 NAK55 KAP65 PCM40

 

 

HPM1の諸特性

機械的特性

採取方向 硬さHRC 0.2%耐力N/mm2

(kgf/mm2)

引張強さN/mm2

(kgf/mm2)

伸び% 絞り% シャルビー衝撃値J/cm2

(kgf・m/cm2)

L 40 1029
(105)
1225
(125)
18 40 15
(1.5)
T 40 1010
(103)
1216
(124)
10 25 10
(1.0)

熱膨張係数

熱膨張係数 /(×10^{-6}/℃/)
20~100℃ 20~200℃ 20~300℃ 20~400℃
11.4 11.8 12.3 12.8

 

熱伝導率

熱伝導率 W/(m・℃)(cal/cm・sec・℃)
20℃ 100℃ 200℃ 300℃ 400℃
32.7
(0.078)
33.1
(0.079)
33.5

(0.080)

34.7
(0.083)
34.7
(0.083)

 

耐圧強度

HPM1 S50C SCM440
熱処理

硬さ

耐圧縮強度指数

焼入焼戻し

52

170

焼なまし

34

100

焼なまし

34

100

焼入焼戻し

41

130

(指数はS50Cを100とした場合の比較値)

窒化特性

 

再加熱特性

双葉電子工業㈱「プレート総合カタログ レッドブック」 より 抜粋

※機械的特性は、使用する機械、ビルド条件や測定条件によって異なることがあります。

関連記事:

-->