カブクコネクト

SCM440

SCM440の特徴

通称クロモリと呼ばれ、クロム鋼にモリブデンを加えた合金鋼です。引張強度が高く焼入れ性もよいため、熱処理後も強靭性を保つ人生に優れた材料といえます。一般機械用部品にも多く使用されています。

化学成分

(%)

C

Si

Mn

P

S

0.38~0.43

0.15~0.35

0.60~0.90

0.030以下

0.030以下

Ni

Cr

Mo

Cu

 

0.25以下

0.90~1.20

0.15~0.30

0.30以下

 

 

SCM440の物理的性質

 

密度

[g/cm3]

ヤング率

(縦弾性係数)

[GPa]

剛性率

(横弾性係数)

[GPa]

ポアソン比

7.81

~7.82

210

~214

82~83

0.28

~0.29

 

SCM440の機械的性質

 

項目

代表値

焼きならし

焼きなまし

焼入れ焼戻し

降伏点または耐力[N/mm2]

835以上

引張り強さ[N/mm2]

980以上

伸び[%]

12以上

絞り[%]

45以上

シャルピー衝撃値[J/cm2]

59以上

硬さ[HBW]

285~352

 

SCM435との違い

異なるのは炭素の含有量で、SCM440は0.38〜0.43%、SCM435は0.33〜0.38%と若干の差があります。主に部品に必要とされる硬度・強度によって使い分けされます。歯車や軸といった部品において、SCM435よりも強度が必要な場合にSCM440が選定されることがあります。