材料選定ガイド

材料の特長・用途・化学成分・機械的特性について解説

アルミニウム

金属加工アルミニウム

A1050(純アルミニウム)

2020年5月12日

A1050は、アルミニウム純度99.50%以上の純アルミを指します。   A1050の特徴 A1050は一般的なアルミ合金に比べると強度は劣りますが、曲げや絞り加工性、表面処理、導電性、熱伝導性、赤外線の反射に […]

A5052黒アルマイト
金属加工アルミニウム

A5052(Al-Mg系)

2020年4月1日

  A5052は、Al-Mg系のアルミ合金の中で中程度の強度を持ち、市場で最も多く流通している素材です。   A5052の特徴 A5052は耐食性、成形性、耐海水性、および溶接性に優れています。 非磁 […]

金属加工アルミニウム

A5056(Al-Mg系)

2020年4月15日

A5056は、主に押出し又は引抜丸棒材で、アルミ合金丸棒で最も汎用性の高い材料です。   A5056の特徴 A5056は耐食性、成形性、耐海水性、および溶接性に優れています。 曲げ加工をはじめ、切削加工や旋削加 […]

金属加工アルミニウム

A2017(ジュラルミン)

2020年4月15日

A2017は、ジュラルミンとも呼ばれるCuやMgを含んだ高強度型の熱処理合金です。   A2017の特徴 A2017は強度に優れ、環境によっては鉄鋼材料に匹敵します。 切削加工性も高く、鍛造することも可能です。 […]

切削A7075
金属加工アルミニウム

A7075(超々ジュラルミン)

2020年4月15日

  A7075は、超々ジュラルミンとも呼ばれるアルミ合金中最高クラスの強度を持つ材料の一つです。 「JIS H 4040」で規定されるアルミ合金で、「T6処理(溶体化処理後、人工時効硬化処理)」と呼ばれる冷間加 […]