A5052(Al-Mg系)

金属加工アルミニウム

A5052黒アルマイト

 

A5052は、Al-Mg系のアルミ合金の中で中程度の強度を持ち、市場で最も多く流通している素材です。

 

A5052の特徴

A5052は耐食性、成形性、耐海水性、および溶接性に優れています。

非磁性で低温に強く、低温脆性が生じません。

曲げ加工、切削加工や工作に向いている材料です。

また、A5052は板厚素材の精度が比較的良く板厚面も綺麗なため、厚み方向に公差が無ければ通常そのままで4面フライス品でよく使用されています。板厚サイズも豊富です。

 

A5052の用途

A5052は以下のような用途で使用されています。

・車両のボディやボディの一部分、ホイール、ステー、フレームなど

・主に比較的小型の船舶のボディ

・その他:化学プラント、缶エンド、カメラ鏡胴、圧力容器、省力化機械部品、板金製品

 

A5052の化学成分

成分規格
Si Fe Cu Mn Mg Cr Zn Ti その他 Al
0.25以下 0.40以下 0.10以下 0.10以下 2.2~2.8 0.15〜0.35 0.10以下 0.03以下 0.05以下

(計0.15以下)

残部

※JIS H 4000:2014 から転載

 

A5052はアルミ合金の中でも展伸用合金で非熱処理型のアルミマグネシウム合金(Al-Mg系)アルミニウム 5000系に分類されます。

A5052が分類されているアルミニウム 5000系は、成分にMg(マグネシウム)を添加させることで耐食性と強度をアップさせた合金であり、含有率には幅があり0.5~5.6%。

含有率に応じて性質における幅も広い材料になっています。添加されるMgの量が多くなると強度は増す反面、一定以上(3.5%前後~)をこえると応力腐食割れ(SCC)が危惧されますが、中程度の強度を持つA5052は含有量3%以下で、SCCに対しても心配が有りません。

 

A5052の物理的性質

融点 密度
(g/cm³)
ヤング率
(縦弾性係数)
剛性率
(横弾性係数)
ポアソン比 線膨張率
(ppm/K)
定圧比熱
(J/kg・K)
熱伝導率
(W/m・K)
GPa GPa
649℃ 2.68 68 26 0.33 23.7 900 137

 

剛性率は他にも、「ずれ弾性係数(ずれ弾性率)」「せん断弾性係数(せん断弾性率)」「ラメの第二定数」と呼ばれます。

 

A5052(質別:h34)の機械特性

項目
ブリネル硬さ(HB) 68
引張強さ(N/m㎡) 260
耐力(N/m㎡) 215
せん断強さ(N/m㎡) 145
疲れ強さ(N/m㎡) 125
伸び(%) 板 10
伸び(%) 棒 12

※双葉電子工業株式会社 プレート総合カタログ 設備用規格編 レッドブック<設備編>から抜粋
※機械的特性は、使用する機械、ビルド条件や測定条件によって異なることがあります。

 

A5052の見積り・加工

A5052の加工は、弊社サービス「Kabuku Connect」で可能です。
図面をアップロードするだけで簡単にA5052のお見積りが出来ます。
その他材質も対応しておりますので、ぜひ一度お試しください。
無料で即時見積
分からない事がありましたら、お気軽にお問い合せください。
 03-6380-2750
受付時間:平日10:00〜18:00
お問い合せ 資料請求

 

A5052の加工事例

A5052黒アルマイト
工法: 切削
材質: A5052
サイズ: W1000 x H800 x D700 (mm)
処理: 黒アルマイト

A5052プレート
工法: 切削
材質: A5052
サイズ: W152 x H56 x D8 (mm)
処理: 無し

 

※注意:上記のデータは指定の材料、装置、パラメータセットを所定の試験手順によって測定されているものであり、この材料を使用して得られる全ての部品等について保証するものではありません。