材料選定ガイド

材料の特長・用途・化学成分・機械的特性について解説

金属加工

C1020(無酸素銅)

2020年5月13日

C1020は、純度が99.96%以上の純銅です。   C1020の特徴 C1020は、純度が99.96%以上と高く、添加元素がないため、熱伝導性、導電性、加工性、耐食性、耐候性が良い半面、強度が合金に比べて劣り […]

金属加工

C1720(ベリリウム銅)

2020年5月13日

C1720は、は高性能ばね用として用いられるベリリウム銅です。   C1720の特徴 銅合金の中では最高の強度を持つ析出硬化型の材料です。 銅にベリリウムを添加した銅合金で、耐食性、加工時(析出硬化前)は展延性 […]

金属加工

C2801(真鍮)

2020年5月13日

C2801は、一般的に「真鍮」と呼ばれる材料です。   C2801の特徴 一般的に真鍮と呼ばれており、熱間加工性に優れ冷間加工性は劣る黄銅です。 強度、展延性とメッキ性に優れています。 加工性、入手性が良く、他 […]

金属加工

C5191(りん青銅)

2020年5月13日

C5191は、は優れた強度とばね特性を持ち、錫を含む材料です。   C5191の特徴 C5191は、ばね材に適した材料です。スズ含有率が5.5~7.0%であり、スズ含有率が増加すると金属強度が上がりますが、導電 […]