カブクコネクト

SUS420J2

SUS420J2の特徴

SUS420J2は、マルテンサイト系に分類されるステンレス鋼の一種です。成分的な特徴として、炭素の割合が高いことが挙げられます。そのため限りなく鉄に近い性質を有しており、錆が出やすいことがデメリットですが、一方で焼入れ後の硬度が高い鋼種でもあり、焼入れ・焼き戻しなど熱処理により高強度と高硬度が得られます。

 

SUS420J2の使用用途

炭素量が一般的なSUS材よりも多く、熱処理後の高強度・高硬度が特徴のSUS420J2は、バルブや刃物、スプリング、板バネ、ピン、プラスチック用の金型、弁座、直尺、ノズル、医療機器、シャフトなど、耐熱性、耐摩耗性の用途に適しています。

 

化学成分

(%)

C

Si

Mn

P

S

0.26~0.40

1.00以下

1.00以下

0.040以下

0.030以下

Ni

Cr

Mo

  

0.60以下

12.0~14.0

0.75以下

  

 

SUS420J2の物理的性質

 

密度

[g/cm3]

熱伝導率

[W/(m・K)]

比熱

[J/(g・℃)]

ヤング率

(縦弾性係数)

[GPa]

ポアソン比

7.75

24.7

0.46

200

0.3

 

SUS420J2の機械的性質

 

項目

代表値

焼きなまし

焼入れ焼戻し

引張り強さ[N/mm2]

540以上

740以上

伸び[%]

18以上

12以上

絞り[%]

40以上

シャルピー衝撃値[J/cm2]

29以上

ブリネル硬さ[HBW]

235以下

217以上

ビッカース硬さ[HV]

247以下

220以上

*焼戻し温度:204℃