SUS316L(高耐食ステンレス)

金属3Dプリンター

SUS316Lは3Dプリントで使用される金属の中でも代表的な素材の一つです。

 

SUS316Lの特徴

SUS316Lはオーステナイト系ステンレス鋼のひとつで一般的に延性、靭性に優れ冷間加工性が良好です。さらに耐食性、低温、高温における性質も優れているため幅広い用途で使用されています。

 

 

SUS316Lの用途

SUS316Lは以下のような用途で使用されています。
・航空宇宙:クランプ要素や熱交換器

・医療:手術道具、インプラント

・製造:金型

・宝飾:ジュエリーや時計の部品

 

 

SUS316Lの化学成分

3Dプリントに使用されるSUS316Lは各材料メーカによって成分の比率に多少のバラツキはありますが、優れた耐食性と高い延性を備えています。航空宇宙分野の部品や食品安全用途、機械のスペアパーツ、医療機器、ウェアラブルなどに使用できます。

材料 3Dプリント用SUS316Lの成分例
C Si Mn P S Cr Ni Mo
SUS316L 0.03以下 0.75以下 2.00以下 0.025以下 0.010以下 17~19 13~15 2.25~3

EOS Stainles

sSteel 316Lデータシートから転載

 

一般的にSUS316L(L=Low carbon)はC(炭素)含有率が0.03%以下でSUS316の0.08%以下と比較して低めに調整されているためSUS316よりも耐腐食性に優れています。

また、SUS316のNi量が10~14%に対してSUS316Lは12~15%となるため加工硬化性を良くします。

SUS316はCrやNiが多く含まれているため硬く、加工性が良くありませんでしたが、SUS316Lでは炭素の含有量を減らし、すこし柔らかくすることで加工しやすくなっています。

 

参考:一般的なSUS316とSUS316Lの化学成分

材料 一般的なSUS316とSUS316Lの化学成分(%)
C Si Mn P S Cr Ni Mo
SUS316 0.08以下 1.00以下 2.00以下 0.045以下 0.030以下 16~18 10~14 2~3
SUS316L 0.03以下 1.00以下 2.00以下 0.045以下 0.030以下 16~18 12~15 2~3

※JIS規格

 

 

3Dプリントに用いられるSUS316Lの機械特性

項目
最大引張強度(MPa) 600~680
降伏強度(MPa) 490~570
破断伸び(%) 40~60
硬さ(VHN) 210~230
密度(%) 99.6~

※機械的特性は、使用する機械、ビルド条件や測定条件によって異なることがあります。

 

SUS316Lの見積り・造形

SUS316Lの造形は、弊社サービス「Kabuku Connect」で可能です。
CADをアップロードするだけで自動でSUS316Lのお見積りが出来ます。
その他素材も対応しておりますので、ぜひ一度お試しください。
無料で即時見積
分からない事がありましたら、お気軽にお問い合せください。
 03-6380-2750
受付時間:平日10:00〜18:00
お問い合せ 資料請求

 

※上記のデータは指定の材料、装置、パラメータセットを所定の試験手順によって測定されているものであり、この材料を使用して得られる全ての部品等について保証するものではありません。