AlSi10Mg(アルミ合金)

金属3Dプリンター

AlSi10Mgは鋳物で使われるシリコン系のアルミ合金です。
アルミニウムはその軽さや加工性の良さから幅広い用途で用いられる非鉄金属の代表的な材料であり、目的とする特性に応じて各種添加元素を加えて幅広い種類の合金として使うことができます。金属3Dプリントでアルミといえば多くの場合AlSi10Mgの粉末が使用されます。

 

AlSi10Mgの特徴

良好な鋳造特性を持つ一般的な鋳造合金であり、強度、硬さ、力学的特性が良好なことから薄壁で複雑な形状の高負荷を受ける部品や良好な温度特性と軽量性を必要とする用途の部品にも使用されています。
必要に応じて機械加工、溶接、研磨、コーティングを施すことができます。

 

AlSi10Mgの用途

AlSi10Mgは以下のような用途で使用されています。
・熱交換器
・ブレーキキャリパ
・ブラケットなどの構造部品

 

AlSi10Mgの化学成分

3Dプリントに使用されるAlSi10Mgは各材料メーカによって成分の比率に多少のバラツキがあります。

材料 化学成分(%)
Cu Si Mg Zn Fe Mn Ni Ti Pb Sn Al
AlSi10Mg 0.05以下 9.0~11.0 0.20~0.45 0.10以下 0.55以下 0.45以下 0.05以下 0.15以下 0.05以下 0.05以下 残部

※EOS Aluminium AlSi10Mg データシートから転載

 

参考:一般的なAlSi10Mgの化学成分

材料 一般的なAlSi10Mgの化学成分(%)
Cu Si Mg Zn Fe Mn Ni Ti Pb Sn Al
AlSi10Mg 0.10以下 9.0~11.0 0.20~0.45 0.10以下 0.55以下 0.45以下 0.05以下 0.15以下 0.05以下 0.05以下 残り

※JIS規格

 

3Dプリントに用いられるAlSi10Mgの特性

AlSi10Mgの機械特性

項目
最大引張強度(MPa) 425~465
降伏強度(MPa) 265~285
破断伸び(%) 4.5~8.5
硬さ(VHN) 115~125
密度(%) 99.6~

※機械的特性は、使用する機械、ビルド条件や測定条件によって異なることがあります。

 

AlSi10Mgの温度特性

項目
熱伝導率(20℃) 約98~108
比熱容量(J/kg℃) 約870~970

※温度特性は、使用する機械、ビルド条件や測定条件によって異なることがあります。

 

AlSi10Mgの見積り・造形

AlSi10Mgの造形は、弊社サービス「Kabuku Connect」で可能です。
CADをアップロードするだけで自動でAlSi10Mgのお見積りが出来ます。
その他素材も対応しておりますので、ぜひ一度お試しください。
無料で即時見積
分からない事がありましたら、お気軽にお問い合せください。
 03-6380-2750
受付時間:平日10:00〜18:00
お問い合せ 資料請求

 

※上記のデータは指定の材料、装置、パラメータセットを所定の試験手順によって測定されているものであり、この材料を使用して得られる全ての部品等について保証するものではありません。