カブクコネクト

SUS440C

SUS440Cの特徴

SUS440Cは、JIS規格に規定されているステンレス鋼の中で最も硬いステンレス鋼です。マルテンサイト系ステンレス鋼の一種で、熱処理を施し、硬度を高めた状態で利用することが前提とされています。

 

SUS440Cの使用用途

SUS440Cは、焼入れ焼戻しにてHRC60近い硬度にでき、強度、硬度、耐摩耗性に優れています。

この特徴により、ベアリング用硬球、軸受、ノズル、刃物、ゲージなどに使用されます。

 

化学成分

(%)

C

Si

Mn

P

S

0.95~1.20

1.00以下

1.00以下

0.040以下

0.030以下

Ni

Cr

Mo

  

0.60以下

16.0~18.0

0.75以下

  

 

SUS440Cの物理的性質

 

密度

[g/cm3]

熱伝導率

[W/(m・K)]

比熱

[J/(g・℃)]

非電気抵抗

×10-8

磁性

7.78

24.3

0.46

60

強磁性

 

SUS440Cの機械的性質

 

項目

代表値

焼きなまし

焼入れ焼戻し

引張り強さ[N/mm2]

758

2030*

伸び[%]

14

4*

絞り[%]

シャルピー衝撃値[J/cm2]

ブリネル硬さ[HBW]

269以下

ロックウェル硬さ[HRC]

28以下

58以上

ビッカース硬さ[HV]

284以下

653以上

*焼戻し温度:204℃