カブクコネクト

ULTEM9085

ULTEM 9085はPEI(ポリエーテルイミド)熱可塑性樹脂です。PEIは優れた性能を持つスーパーエンプラの一種です。
本材料はStratasys社のFortusシリーズに対応した材料です。FDM造形方式に対応しています。

特徴

ULTEM 9085 は、高い強度対重量比、高い耐熱性および耐薬品性を実現し、さらに可燃性、および有毒性(FST)基準を満たしていますので、
樹脂の使用を要するシーン等で機能性の確認が必要なプロトタイプや最終製品生産パーツを作製できます。

用途

機能テスト、ツーリング制動、航空機内装部品や配管を含む、エンドユース部品といった、高度な用途にも対応可能です。

3Dプリントに用いられるポリアミド(MJF PA11)の機械特性

項目 XZ Orientation ZX Orientation
引張特性:ASTM D638
引張降伏強度(MPa) 69.2 (1.0)  No yield
引張降伏時の伸び % 5.4(0.50) Noyield
引張破断強さ(MPa) 68.1(1.6) 39.4(8.7)
引張破断伸び % 5.4 (0.5) 1.9 (0.51)
引張弾性率(GPa) 2.52 0.062)  2.41 (0.15)
曲げ特性: ASTM D790, Procedure A
曲げ強さ (MPa) 104(2.2) 73.1 (13)
曲げ破壊ひずみ % No break  3.67 (0.55)
曲げ弾性率 (GPa) 2.40 (0.032)  2.13 (0.081)
圧縮特性: ASTM D695
圧縮降伏強度 (MPa) 139 (9.4)  342 (27)
圧縮弾性率 (GPa) 2.22 (0.047) 2.28 (0.080)
衝撃特性: ASTM D256, ASTM D4812
ノッチ付き衝撃強さ (J/m) 88.5 (40) 39.2 (4.3)
ノッチなし衝撃強さ (J/m) 647 (130)  187 (42)

StratasysULTEM9085 Resinデータシート から抜粋

ULTEM 9085で3Dプリントするなら詳細はこちら

3Dプリント素材「ULTEM 9085」について、適した用途、最小/最大サイズをはじめ、最小厚みやサポート構造の要否など造形ガイドラインをご覧いただけます。


ULTEM 9085

ULTEM 9085の見積り・造形

ULTEM 9085の造形は、弊社サービス「Kabuku Connect」で可能です。
CADをアップロードするだけで自動でULTEM 9085のお見積りが出来ます。
その他素材も対応しておりますので、ぜひ一度お試しください。
無料で即時見積
分からない事がありましたら、お気軽にお問い合せください。
 03-6380-2750

受付時間:平日10:00〜18:00
お問い合せ 資料請求

 

※上記のデータは指定の材料、装置、パラメータセットを所定の試験手順によって測定されているものであり、
この材料を使用して得られる全ての部品等について保証するものではありません。