カブクコネクト

フライス加工の機械の種類

フライス加工には、さまざまなNC工作機械が使われます。

なかでも「マシニングセンタ」を使った加工が多く、加工現場では[フライス加工≒マシニング加工]ともよばれたりもしています。

フライス加工ができる工作機械として主に以下の4種類が挙げられます。

 

・汎用フライス盤

NC装置を持たず手動で動かすフライス盤です。プログラムの作成を要さないので簡単な加工や治具製作などすぐに加工を始められるのが利点ですが、その分技術を必要とするため加工精度の高い加工は熟練技能士でないと難しいでしょう。

 

・NCフライス盤

汎用フライス盤にNC装置を搭載した形のフライス盤です。汎用フライス盤のように手動で動かすことができる上、プログラムを作成することで均一な加工負荷での加工や円加工など手動でやるには難度の高い加工もすることができます。使い勝手も良く、今でも根強い人気のある工作機械の一つです。

 

・マシニングセンタ

NC装置とATC(自動工具交換装置)を搭載し、フライス盤のように各軸を手動で動かして加工することは基本的に行わず、プログラムによる自動運転で加工を行う工作機械です。ほとんどのマシニングセンタがフルカバーで覆われており、安全に加工することができます。APC(自動パレット交換装置)や回転テーブルを備え付けることで人によるワークの脱着を減らし、自動化も進んできています。

手動で加工しないことから機械自体のサイズも大型化し、大きいワークも加工することが可能になり産業に大きく貢献しています。

また、組み付けられている部品の仕上がり精度も向上していることもあり、高精度な微細加工まで対応することが可能となりました。

 

・5軸マシニングセンタ

XYZの直行軸3軸に加え、回転軸と傾斜軸の2軸で構成されたマシニングセンタです。高性能の制御装置と、プログラムを作成するためにCAD/CAMが必要になりますが、同時5軸加工により連続的な3次元曲面の加工をすることができます。また、角度割り出しを行うことで、1度の段取りで多くの面を加工することができます。段取り替えが不要になり、生産性と加工精度が上がります。加工工程の集約や効率化のため、5軸マシニングセンタを採用する企業が増えてきています。しかし作業者による補正や修正が困難なため、取り扱いには十分に熟知する必要があります。

 

以上がフライス加工で使われるNC工作機械の種類についての簡単な紹介になります。フライスという言葉と意味をわかっていただければうれしいです。