カブクコネクト

【旋削】旋盤加工とは

切削工具(バイト)を固定して対象物が回転することで削り出しを行う加工方法を旋盤加工と呼びます。一方、切削工具が回転し、対象物が固定されて加工する加工方法をフライス加工と呼びます。

りんごで例えた時、りんごを回しながらナイフで皮を剥いていくのが「旋削加工」で、りんごをまな板の上で押さえてナイフで切ることが「フライス加工」になります。

 

旋削加工(左)とフライス加工(右)の違い

 

 

旋盤の種類

旋盤にはいくつかの種類があり、一般的に“旋盤”と呼ぶと普通旋盤のことを指します。普通旋盤を小型にし、作業台の上に据え付けて使用するものを「卓上旋盤」(ベンチレースとも呼ばれます)、主軸が上を向いた「立旋盤」、主軸が正面を向いた「正面旋盤」、タレット式の刃物台を持っている「タレット旋盤」などがあります。

現在は、数値制御(Numerical Control)装置を旋盤に取り付けたNC旋盤も普及しています。NC旋盤では、刃物台の移動距離や送り速度を数値制御することができます。また、NC旋盤のタレットと呼ばれる回転装置に、複数のバイトを取り付けることで、タレットを回転させることで対象物をチャッキングしたまま、異なるバイトによる加工を行うことができます。

バイトの形状、バイトと工作物の相対運動の組合せにより、外丸削り、正面削り、中ぐり、突切り、ねじ切りなどがあります。

被切削材料が回転するため、加工品は必ず回転軸に対して対称形になります。そのため旋削加工は、丸物とよばれる「円筒部品」の加工に適しています。