カブクコネクト

【放電加工】ワイヤー放電加工とは

ワイヤー放電加工とは、ワイヤーカットとも言われる放電加工の一種で、真鍮などのワイヤー線に電流を流して加工物を溶融させながら切断する加工方法です。ワイヤー線には、主に真鍮製のワイヤー線が使用されますが、タングステンやモリブデン製の電極線もあります。また、ワイヤーカットをするための工作機械を、ワイヤー放電加工機と言います。

ワイヤー放電加工機とは

工作物と走行する極細のワイヤー電極との間の放電現象を利用して加工を行う工作機械です。ワイヤーは一般に黄銅製(真鍮製)で、太さ(直径)がΦ0.05mmからΦ0.3程度の極細のワイヤーが使われます。ワイヤーは上下がつながって電極となっており、ワイヤガイドによってワイヤーが上部から供給され、下のワイヤガイドによって回収されていきます。そのため、加工物の端ではなく中央部分から加工を行う際は、細穴放電加工機などを用いてあらかじめ加工物に貫通させたスタート穴を加工する必要があります。加工材料を加工液中に浸して加工材料と電極間に放電させ、加工材料を溶融除去して加工します。ワイヤー電極は電気を放電させるだけで工作物には接触しない非接触加工のため、原理的にはどんなに硬い材質でも導電性さえあれば(電気を通す性質の材料であれば)加工可能です。多くは二次元形状の金型や微細加工・精密加工などに利用されています。

まとめ

優れた性質を持つ材料として用途は広がっているものの、通常の機械加工では加工が困難な場合が多くあります。しかしながらどんなに硬くても、導電性があれば加工ができ、非接触加工なので工作物への外力がかからないことから、ワイヤー放電加工は更なる加工用途として期待されています。