カブクコネクト

熱処理

お役立ち情報

ステンレスの熱処理:オーステナイト系ステンレス(固溶化熱処理・応力除去焼きなまし)

オーステナイト系ステンレスの熱処理は、おもに固溶化熱処理と応力除去焼きなましが行われています。これらは、オーステナイト系ステンレスに生じやすい問題を回避するために行われている熱処理です。   今回は、「オーステナイト系ス […]
お役立ち情報

焼戻し

焼戻しとは 焼戻しとは、焼入れまたは焼ならしを行った鋼について、硬さを減少させて粘りさや強靭さを増加させる目的で行う熱処理です。 英語ではテンパリングと呼ばれ、JISの加工記号では「HT」と記載されます。 一般的には、焼 […]
お役立ち情報

焼入れ

焼入れとは 焼入れとは、炭素を含む鋼材を加熱して、急速冷却することによって、鋼を硬くする処理です。英語ではハードニング(Hardening:硬くする)やクエンチング(Quenching:急冷する)、もしくはクエンチ・ハー […]
お役立ち情報

鉄鋼材料の熱処理 – 焼きなましと焼きならしとは

  金属材料の生産・加工においては、機械特性や加工性の向上などを目的として、さまざまな熱処理が行われています。 今回は、代表的な熱処理でもある「焼きなまし」「焼きならし」の特徴について解説します。 ここでの熱処 […]
お役立ち情報

鉄鋼材料の熱処理・表面処理

種類 処理・操作 内容 一般熱処理 焼入れ 熱く(約800℃ オーステナイト化温度)した材料を急冷(水冷、油冷)する処理 材料の硬度、耐摩耗性を向上させることが目的だが、逆に脆さが増したり、残留応力が発生する。場合によっ […]