KabukuConnectの即時見積サービスとDesignSparkMechanicalが連携を開始しました

3Dプリンター
2020年9月24日


はじめに

2020年8月18日にRSコンポーネンツから無料3D CADソフトの最新版「DesignSpark Mechanical(DSMech) Ver.5」が発表されました。このバージョンではカブクの3D即時見積サービス「Kabuku Connect」と連携し、CADでモデリングした3Dデータを実際に製造するコストを即座に見積もりできるようになりました。

 

 

「Kabuku Connect(カブク コネクト)」とは

Kabuku Connectは、カブクの独自開発によるオンデマンド製造プラットフォームです。2D/3D図面ファイルをアップロード頂くだけでお見積もりから製造発注までをその場でご依頼いただける「即時見積サービス」他、複数のサービスから構成されます。

 

DesignSparkMechanical(DSMech)とは

DSMechは非常に簡単に使える3次元CADです。動作が軽く高スペックなPCを必要としないことや商用利用も無料なことから法人ユーザーでも気軽に始められるCADです。もちろんプロトタイピング、筐体設計、意匠設計、商品企画資料、3D PDF等の様々な作成に活用できます。

 

 

何ができるようになった?

これまではDSMechとKabuku Connectの即時見積サービスは完全に独立したものでしたが、DSMechに連携機能が実装されたため、3Dデータの作成から製造の見積りおよび発注までが従来よりもシームレスにできるようになりました。

 

具体的にはDSMechのメニュー「エクスポートオプション」に「Kabuku 即時見積サービス」の項目が追加されており、選択するとKabuku Connect 即時見積サービスのサイトが立ち上がります。

 

DSMechで作成したモデルのファイルをアップロードして工法と材質を選択すると即座に見積金額が表示されます。3Dプリントだけでも材質は金属/樹脂合わせて30を超える種類の中から選択ができます。(2020年9月時点)

 

また、Kabuku Connectのアカウントを登録すれば見積書の発行に加えてそのまま発注まで行うこともできます。

 

 

おわりに

非常に簡単に使えて商用利用も無料の3次元CADであるDesignSparkMechanicalとの連携が実現したことで、Kabuku Connectの即時見積サービスをより多くの人にご利用いただき、その便利さを実感いただけるのではないかと期待しています。

 

これからも便利な機能や魅力的な材質の追加など、即時見積サービスは進化を続けていきますので是非ご注目ください。