カブクコネクト

溶接の種類

溶接とは、金属同士を溶かして接合する加工方法です。

 溶接方法の種類は多く、接合部材の形状・材質、使用環境などにより向き・不向きがあること、溶接による強度や外観が変化することも考慮して適した方法で溶接することが重要です。

 

溶接方法は大別して次の3種類があります。

 

融接

 母材となる部材の接合カ所を加熱し、母材同士や溶加材(溶接棒など)と溶融させたものを冷却して凝固させることで接合する方法です。

 

融接の種類

ガス溶接 酸素アセチレン溶接
アーク溶接 非消耗電極式 TIG溶接
プラズマ溶接
消耗電極式 被覆アーク溶接
サブマージアーク溶接
ミグ溶接
炭酸ガスアーク溶接
セルフシールドアーク溶接
レーザー溶接
電子ビーム溶接
エレクトロスラグ溶接

 

加圧溶接(圧接)

 母材となる部材の接合カ所を電気やガス、摩擦などで加熱し、母材が溶けた状態で圧力をかけて接合する方法です。

 

加圧溶接の種類

抵抗溶接 重ね抵抗溶接 スポット溶接
プロジェクション溶接
シーム溶接
突合せ抵抗溶接 アプセット溶接
高周波誘導圧接
プロジェクション溶接
フラッシュ溶接
バットシーム溶接
摩擦圧接
テルミット溶接

 

ろう付け

 母材よりも融点の低い溶加材(ろう材、はんだなど)を加熱し、母材は溶かさずに溶加材のみを溶かして接合する方法です。