カブクコネクト

3Dプリンター活用事例

今回のブログでは、自動車、建設、航空業界からそれぞれ事例を1件ずつ紹介します。

 

Sauber社の事例

AM製造対象品:レーシングカー向けシャーシ、エンジンマウント、インサート等

ポイント:

・同社はスイスのレーシングカーの会社、90年代半ばから既にAM技術を活用している

・元々は風洞実験のサイクル向上を目的として樹脂AMを活用、2017念からは金属AMも導入し、現在は社内で4台の金属プリンターが稼働している

・プリンターを使用するメリットとしては部品を短期間で製造し、実験サイクルを早め、最終部品の完成までの期間を短縮できる事

・2020年時点で金属AMを用いて22,000点以上の部品を製造

・欧州におけるAM製造技術版のISOと言えるDIN SPEC 17071も取得しており、実部品の製造もAMで行っている

 

参照元:

https://www.3dprintingmedia.network/racing-with-sauber-into-the-future-of-additive-production/

 

3ストランズ社の事例

AM製造対象品:住宅

ポイント:

・テキサス州カンザスシティにてAMで製造された4ベッドルームの住宅が発売開始

・テキサス州を含むアメリカの一部州では人口流入が増え、住宅不足に陥り、職人の雇用コストも上昇

・AM技術の導入によって、この問題を一挙に解決しようとしている動きが始まっている

・ニューヨークシティでAMによって製造された住居は類似の従来住宅と比較して約40%コストダウンに成功している事例もある

 

参照元:

https://sekapri.com/%e5%bb%ba%e8%a8%ad/20210305-12224/

 

サフランランディングシステム社の事例

AM製造対象品:航空機のランディングギア

ポイント:

・使用機種はSLM800、素材はTi6Al4V

・AMを使用することで納期短縮と15%の軽量化に成功

・チタン合金を選定した理由としては強度などの物性面以外に、表面処理無しで強い耐食性を持つため

 

参照元:

https://www.metal-am.com/slm-solutions-and-safran-produce-titanium-am-landing-gear-part-for-business-jet/

 

まとめ

今回ご紹介した事例のうち、Sauber社、サフランランディングシステム社のものは弊社でも同じ機械や素材での製造が可能です。

ご興味のある方はぜひお気軽にお問い合わせください。