材料力学-応力

技術基礎

 物体の単位面積当たりに働く内力を応力といいます。

 垂直応力とせん断応力についてを記載します。 

 

垂直応力(引張り応力と圧縮応力)

 外力【P】によって発生する、仮想断面に垂直な内力【N】を断面積【A】で割った値を垂直応力【σ】(シグマ)と呼びます。

垂直応力は次式で計算できます。

 

断面積:A【\(mm^2\)】

内 力:N【N】

応 力:σ【N/mm】

 

\(σ=\frac{N}{A}\)

また、引張り応力と圧縮応力は物体に対する力の方向が逆になります。

引張り応力

 


圧縮応力

 

せん断応力

 外力【P】によって発生する、仮想断面に平行な内力【F】を断面積【A】で割った値をせん断応力【τ】(タウ)と呼びます。

せん断応力は次式で計算できます。

 

断面積:A【\(mm^2\)】

内 力:F【N】

応 力:τ【\(N/mm^2\)】

 

\(τ=\frac{F}{A}\)