造形概要 > 樹脂 3Dプリント > Agilista

サイズ

3辺合計値12 (mm) ~
297 (mm) x 210 (mm) x 200 (mm)

質感

なめらか

データの名称に関して

1ファイルあたりの文字数は50文字以下でお願いします(拡張子含む)。
半角英数字でのファイル名作成をお願いします。
例:sample.stl

外観概要

靭性・剛性に優れた4種類の素材です。硬質半透明・高耐熱・シリコーンゴム(低強度/高強度)。
全ての積層ピッチが20μmと細かく、組み合わせなどの検証に利用可能です。また水溶性サポート材のため、流路のような構造も造形可能です。

データ作成のコツ

1ファイル内のパーツ数

1ファイルにつき、1パーツでのデータ作成をお願いいたします。

最小厚み

硬質(AR-M2)・高耐熱(AR-H1):0.6mm
AR-G1L(低強度ゴム)・AR-G1H(高強度ゴム)1.5mm

Agilista wall thickness

各パーツに必要なクリアランス

【サポート除去可能な最小値】
部品/形状の最小クリアランス(隙間):0.2 mm以上
【造形不良の発生しない最小値】
硬質(AR-M2):3.0mm 以上
高耐熱(AR-H1)・AR-G1L(低強度ゴム)・AR-G1H(高強度ゴム)7.0mm 以上

文字・溝の最小値

確実な製造のために幅を1.5 mm以上にする事をお勧めします。
また掘込深さ、浮彫高さに関しては1.5mm以上にする事をお勧めします。
上記を下回る場合、再現が出来ない、また文字等の場合は読めなくなる可能性が御座います。

Agilista engrave detail

くさり構造

くさり構造は作成は不可です。

Stainless chain structure

アンダーカットの角度とサポート

アンダーカット部があるパーツは、角度によりサポート材が発生します。
サポート材付着箇所は表面が他の部分より粗くなる場合があります。

Support material
Support material angle

上図:黒い部分のみサポート材が付着します。
下図;サポート材の付着角度:θ≦45°
サポート材が着いた面は少し他部分と比較して荒くなります。

最小造形可能サイズ

X + Y + Z の合計値12mm 以上になります。

Minimum manufacturable size

精度の目安

AR-M2(硬質樹脂) 30mmあたり ±0.1mm~±0.03mm
AR-H1(高耐熱樹脂) 30mmあたり ±0.5mm
AR-G1L/G1H(シリコーンゴム) 30mmあたり ±0.5mm
※AR-H1(高耐熱樹脂)の精度はモデルの大きさ、形状、また熱処理の影響などで変わる可能性がございます。