FA設計担当者向けセミナー

プラスチックは低コストで様々な特性を付与することができるため、非常に魅力的な材料です。
一方、不適切な設計が原因で、プラスチック製品のトラブルが数多く発生しています。特に強度に関わるトラブルは、 重大事故につながる可能性もあり、事前にしっかりとした強度設計を行うことが不可欠です。
しかし、プラスチック製品の強度設計は、体系的に学ぶ機会が少なく、KDD(勘と経験と度胸)による強度設計にとどまっていることが多いのが実情です。
本講座では、4回シリーズでプラスチックの強度設計について、基礎から丁寧に解説します。

こんな方におすすめです!

・入社5~6年までのプラスチック製品設計者
・プラスチック製品の設計方法を学びたい材料メーカー、材料商社等の担当者

本セミナーで得られる知識

・プラスチック製品の強度設計に必要な材料力学の基礎知識
・強度設計において考慮すべきプラスチックの基本特性
・強度トラブルを防ぐために必要なプラスチックの応用特性



前回のセミナー内容を一部公開!

FA設計担当者向けセミナー

セミナー概要

日時2021年5月19日(水)18:00~19:00
トピック 1) 引張荷重 / 圧縮荷重
2) 曲げ荷重(はりの強度計算)
  - はりの種類
  - 曲げモーメント
  - 断面係数とはりに発生する応力
  - 断面二次モーメントとはりのたわみ
閲覧方法・『お申し込みはこちら』のボタンを押して、お申し込み情報をフォームにご記載ください。
・フォーム送信後にURLが記載された「ご登録完了メール」が届きます。
・セミナー当日になりましたら記載されたURLをクリックしてご参加ください。

※本プログラムはWebシステム「Zoom」を利用して実施いたします。
※セミナー中、チャットで講師への質問が可能です。
※インターネット環境があれば、どこからでもご参加いただけます。
セミナー資料・セミナー後のアンケートをご回答いただいた方にプレゼントいたします。
参加費用無料
お問合せ株式会社カブク     ウェブセミナー担当
TEL: 03-6380-2750     Email: on-demand@kabuku.co.jp


講師

Kabuku Connect


田口技術士事務所 代表
田口 宏之 氏


大学院修士課程修了後、東陶機器㈱(現、TOTO㈱)に入社。
12年間の在職中、ユニットバス、洗面化粧台、電気温水器等の水回り製品の設計・開発業務に従事。
商品企画から3DCAD、CAE、製品評価、設計部門改革に至るまで、設計に関する様々な業務を経験。
特にプラスチック製品の設計・開発と設計業務における未然防止・再発防止の仕組みづくりには力を注いできた。
それらの経験をベースとした講演、コンサルティングには定評がある。
また、設計情報サイト「製品設計知識」やオンライン講座「製品設計知識 e-learning」の運営も行っている。

お申し込みはこちら

本講座の今後の予定

第3回 強度設計に必要なプラスチックの基本特性 6月24日(木)18時〜
第4回 強度トラブルを防ぐために必要なプラスチックの応用特性 7月27日(火)18時〜