FA設計担当者向けセミナー

こんな方におすすめです!

・金属3Dプリントの活用を検討している
・社内に詳しい人がいないので検討が進まない
・自社の事業内容でも金属3Dプリントでメリットが出せるのかわからない
・3Dプリンターを買うべきか迷っている

トピック

■金属3Dプリント造形方式の種類と特徴
  PBF/BJ/DED/FDM
■3Dプリント造形品の標準品質
  品質、サポート構造、材料、サイズ感
■3Dプリントに適した形状とは
■調達手段について(自社 or 外注)
  外注のメリット、デメリット
■3Dプリントを活用するための設計
  サポート、ジェネレーティブデザイン、部品の統合、ラティス

3Dプリンター受託造形サービス 取り扱い素材数 No.1
カブクが金属3Dプリント活用に必要な5つのポイントを徹底解説!

航空宇宙産業や自動車産業、医療といった高いレベルの品質が求められる分野で、
一早く金属3Dプリンターの導入が進んでいます。
しかし、金属3Dプリンターと言っても様々な造形方式、様々な材料があります。
そこで、カブクの3Dプリンティング担当が「知っておくべき5つのポイント」を解説します!


セミナー概要

日時2021年4月21日(火)13:00~14:00  15:00-16:00  18:00-19:00
閲覧方法・『お申し込みはこちら』のボタンを押して、お申し込み情報をフォームにご記載ください。
・フォーム送信後にURLが記載された「ご登録完了メール」が届きます。
・セミナー当日になりましたら記載されたURLをクリックしてご参加ください。

※本プログラムはWebシステム「Zoom」を利用して実施いたします。
※セミナー中、チャットで講師への質問が可能です。
※インターネット環境があれば、どこからでもご参加いただけます。
参加費用無料
お問合せ株式会社カブク     オンデマンド製造事業部 ウェブセミナー担当
TEL: 03-6380-2750     Email: on-demand@kabuku.co.jp


講師

Kabuku Connect


株式会社カブク
3Dプリンティング担当
後藤征之


3Dプリンター好きが高じてカブクに入社。
カブクでは金属・樹脂の3Dプリンティングの購買を主に担当。
国内外を問わず、技術を持った3Dプリンター工場との関係を築いている。
さらに3Dプリンティングに最適なモデリング設計のコンサルティングも行う。