アルマイト処理

表面処理

アルマイト処理とは

アルマイトとは、アルミニウムに陽極(+極)電解処理を行い、人工的に酸化皮膜を生成させる表面処理のことをいいます。

 

アルミニウムは酸素と結びつきやすい性質で、大気中で自然に薄い自然酸化皮膜を作ります。この自然酸化皮膜で保護されているため、アルミニウムは一般的に耐食性が良く錆びにくいと言われています。しかし、皮膜自体はとても薄く、環境によっては化学反応が起こって腐食してしまいます。

腐食に強くするためには、アルミニウムの表面を人工的に保護する表面処理が必要になり、その処理をアルマイト処理といいます。

 

アルマイトの性質

アルマイトには、主に次のような性質があります。

 

耐食性

 酸化皮膜の微細孔を塞ぐことで耐食性を向上させます。

 

絶縁性

 アルミニウム自体は金属のため電気を通しますが、アルマイトの被膜は酸化アルミニウムであり、絶縁性のため電気を通しません。 

 

耐摩耗性

 無処理のアルミニウムの硬度は、種類によって多少異なりますが20HV~150HV程度であるのに対し、アルマイト処理後は200HV~300HV程度(硬質アルマイトで350~450程度)まで硬度が向上します。硬度の向上により耐摩耗性が向上します。

 

装飾性

アルマイト皮膜にある無数の孔に染料を浸透させることで、様々な色に着色することが可能です。また、光沢や艶消し、梨地などの装飾を表面に施すことで、意匠性を向上させることができます。

 

その他にも、摺動性や放熱性などの性質もあります。

通常のアルマイトでは要求仕様を満たさない場合は、より硬度、絶縁性、耐摩耗性を強化した硬質アルマイトや、写真のようにカラーのアルマイトもあります。

 

アルマイト処理の注意点

アルマイト処理を行う際、生成される酸化皮膜はアルミニウムの表面に対して成長皮膜が上方向に、浸透皮膜は下方向に上下に成長していき、成長と浸透の比率は約1:1です。

したがって表面の皮膜は膜厚=皮膜厚とはならないので、寸法公差のある個所に処理を施す際には予め表面処理屋さんに膜厚の確認を行う必要があります

下地には浸透せず皮膜を析出していくめっき処理とは全くべつの原理になります。

また、アルマイト処理を行ったものを剥離し再度アルマイト処理を行う場合、浸透皮膜まで落とす必要があるため浸透させた量肉痩せしてしまいます。寸法公差が必要な個所には注意が必要です。

 

被膜量としては多くが白アルマイトで5~10μm、黒・カラーアルマイトで 10~30μm、硬質アルマイトで30~40μm程度になりますが、伸展材やダイカスト、鋳物などアルミニウムの組成によって被膜量が異なります。膜厚の確認が必要です。

また、通常のアルマイトに比べて高度が高く硬質アルマイトなどは100μm以上の皮膜量が可能の場合があります。

カブクではA7075に硬質アルマイト80μmまでの実績があります。

 

アルマイト加工処理の見積り・加工

アルマイト加工処理は、弊社サービス「Kabuku Connect」で可能です。
図面をアップロードするだけで簡単にアルマイト加工処理のお見積りが出来ます。
その他材質も対応しておりますので、ぜひ一度お試しください。
無料で即時見積
分からない事がありましたら、お気軽にお問い合せください。
 03-6380-2750
受付時間:平日10:00〜18:00
お問い合せ 資料請求