カブクコネクト

真円度測定機について

真円度測定機とは、円筒や球などの断面が円形となる形状をした物体の真円度を測定する装置です。

真円度とは、「円形形体の幾何学的に正しい円からの狂いの大きさ」とJIS B 0621で定義されているものをいいます。

これは、測定された物体の断面形状を幾何学的に正しい2つの同心円で挟んだとき、その2つの円の半径差が最小となるものを真円度として表します。

 

測定対象の変位を360°検出し終えると、その形状から真円度を求めます。この時の演算方法として、回転中心を原点とした座標から、変位が最大となる山と谷の座標を求め、その最大円と最小円を最小二乗法から求める方法が一般的です。

真円度測定機には、検出器を固定して回転ステージにより測定対象を回転させるステージ回転型と、測定対象を固定して検出器が回転するプローブ回転型の2種類があります。

真円度測定機は真円度を測定する他に、円筒度、同軸度、円周振れ、全振れなども測定することができます。

 

真円度測定機の使用用途

真円度測定機の使用用途は、部品などのさまざまな物体の一断面における真円度を測定することにあります。

真円度を測定する目的は、軸物の形状の測定だけではなく、表面性状を測る目的もあります。

高精度な組立部品には厳しい寸法公差によるはめ合いが、バルブや弁では気密性が要求されるように、断面形状が円であるものならば真円度によってその品質評価をすることができます。

これらのことから、真円度を測定することは製造現場において必要不可欠なものとなっています。