カブクコネクト

比較測定器について

比較測定とは、基準器と対象物の差から寸法を計測器で割り出す方法です。基準器の形状や寸法が決まっている分、測定が容易である一方、測定の精度や範囲が限られるデメリットがあります。ここにいくつかの測定器を紹介します。

 

ダイヤルゲージ

ダイヤルゲージとは、ラックとピニオンを用いて測定子の微少な動きを拡大して読み取る測定器で、標準型とてこ式があります。溝の深さや面の傾きなどを測定できます。ダイヤルゲージは通常は単独では使用せず、変位量を読み取る比較測定器です。最小目盛は0.01mm(測定範囲10mm以下)と0.001mm(測定範囲1mm以下)があります。テストインジケータやシリンダゲージもこれに当てはまります。

 

基準ゲージ

基準ゲージは、マスタゲージとも呼ばれ、基準の寸法を与える最も精度の高いゲージで、比較測定器の寸法設定など、寸法の基準として用いられます。ブロックゲージや栓ゲージ、棒ゲージや隙間ゲージ(シックネスゲージ)などがあります。標準ねじゲージは、ねじリングゲージとねじプラグゲージが互いに精密にはまり合う一組からなるもので、限界式のゲージとは異なり、ねじの基本山形に正しくつくられたゲージで、ねじ用測定器の基準ゲージとして用いられます。

 

テーパゲージ

テーパゲージは、テ-パ製品のテ-パとテ-パの基本径(大端径または小端径)の検査に用いられます。一般にテーパプラグゲージとテーパリングゲージが組になっています。

 

ねじゲージ

ねじゲージとは、ねじの検査・測定に用いられます。ねじ限界ゲージは通り側が通り、止まり側が止まるという作業で総合的に精度をチェックすることができます。ねじゲージには、ねじプラグゲージと、ねじリングゲージがあります。

 

限界ゲージ

限界ゲージとは、部品の寸法が許容される寸法公差内にあるかどうかを検査する基準で、最大許容寸法のゲージ(通りゲージ)と、最小許容寸法のゲージ(止まりゲージ)からなっています。主に、機械部品の互いにはまり合う部分の検査や、ねじ製品の検査に用います。

  • 栓ゲージ(内径検査)
  • リングゲージ(外径検査)
  • 挟みゲージ(外径、厚さ検査)

 

栓ゲージ(内径検査)

プラグゲージともいい、内径寸法の検査を行うゲージ、通り、止まりがあり、通り側ゲージで内径が規定寸法の最小径より大きいかどうかを検査し、止まり側ゲージで規定寸法の最大径より小さいかどうかを検査するゲージです。円筒型プラグゲージ、板プラグゲージ、棒プラグゲージなどがあります。

 

リングゲージ(外径検査)

リングゲージと板挟みゲージがあり、外径寸法の検査を行うゲージ、通り、止まりがあり、通り側ゲージで外径が規定寸法の最大径より小さいかどうかを検査し、止まり側ゲージで規定寸法の最小径より大きいかどうかを検査するゲージです。

 

挟みゲージ

挟みゲージ(外径、厚さ用)は挟みゲージは、軸の外径やねじ、厚さの検査に用いられるもので、通りと止まりが段状になっています。形状からCゲージや板ゲージとも呼ばれています。